ナース

治療代の負担を軽減

男の人

通院費と入院費を安くする

ストレスと上手に付き合って暮らすことが現代社会では求められますが、真面目な人や几帳面な方ほど、うつ病を発症しやすくなっています。うつ病はストレスが原因で生じる心の障害とはいえ、純然たる病気ですから、精神科や心療内科で治療を受けることが可能です。治療方法は個々の原因や症状などにより異なりますが、抗うつ剤による投薬治療も行われるため、診察代と薬代も必要になります。ただしうつ病は保険治療の対象となっており、自由診療の治療を希望しない限り、3割負担などで済むのが一般的です。また、うつ病は職場や家庭内での対人関係のほか、過去の記憶や引越しなどによる環境変化でも、そのストレスが発症原因になるとされています。原因は何であれ、病院では適切に治療してくれますので、できればお早めに診察を受けるように心掛けましょう。症状が悪化する前に専門医の治療を受けておきますと、それだけ治りも早くなり、支払う治療費も抑えられます。ですが、3割負担でも医療費の出費が厳しいという場合は、自立支援医療制度の活用を検討してみると良いでしょう。これはうつ病の治療でも、それに関わる自己負担を軽減できる制度となっており、1割負担で済むことから好評を得ています。気分障害に分類されるうつ病をはじめ、統合失調症や不安障害など、数々の精神疾患が対象で、通院期間が長い場合に利用可能です。さらにひと月の医療負担費用にも上限が設定されているため、うつ病治療に掛かる費用を的確に抑えられます。上限の負担金額は、世帯所得や市民税などの区分によって違いますので、事前に確認しておくと良いでしょう。しかし、指定された病院や薬局を使わなかった場合や、保険治療以外の自由診療を受けた場合には、この制度は適用されません。そのほか、自立支援医療制度は通院を対象にしていますから、入院によるうつ病治療も対象外となっています。入院の場合は高額療養費制度が適用となりますので、必要に応じてそちらの制度を利用するのがおすすめです。うつ病でありましても重度の症状や、原因が家庭にある時などは、一旦原因の発生源から離れて、療養に専念した方が良いケースも少なくありません。そして入院しますと医療費や食事代のほか、個室に入れば基本的に差額ベッド料も必要となり、平均すると1日あたり1万6千円ほどの費用が掛かるとされています。ひと月入院することでおよそ50万円は必要ですが、高額療養費制度を利用すれば、概ね8万円弱の費用に抑えられる場合があるのです。